ネットワークエンジニアの将来性

IT業界の人材不足

ネットワークエンジニアはさまざまな方面で必要とされる、活躍の幅が広い職種です。

IT業界だけでなく、今やLAN環境は企業に無くてはならないものである為、顧客の対象は全ての業界といっても過言ではないでしょう。

また、情報技術の発展に伴い、ネットワークエンジニアの業界は人材不足に悩まされており、常にどこかで採用募集が行われています。技術の発展は今後も続いていく為、需要が途切れることはないでしょう。

業界の変化についていけるよう、向上心を持って常に新しい技術や知識を得ることが、 ネットワークエンジニアとして長く活躍する鍵となります。

 

 

ネットワークエンジニアはさまざまな方面で必要とされる、活躍の幅が広い職種です。

IT業界だけでなく、今やLAN環境は企業に無くてはならないものである為、顧客の対象は全ての業界といっても過言ではないでしょう。また、情報技術の発展に伴い、ネットワークエンジニアの業界は人材不足に悩まされており、常にどこかで採用募集が行われています。

技術の発展は今後も続いていく為、需要が途切れることはないでしょう。

業界の変化についていけるよう、向上心を持って常に新しい技術や知識を得ることが、ネットワークエンジニアとして長く活躍する鍵となります。

なぜネットワークエンジニアなのか

ネットワークエンジニアとは、一言で言うと「ITインフラを作る仕事」です。

一般的に聞かれる「SE(システムエンジニア)」との違いは、SEはプログラミングを行うのに対し、

ネットワークエンジニアは「ネットワークそのものを創造する」ことが仕事になります。今の世の中はIT化が進み、ITが無ければ成り立ちません。身近な例で言うとインターネットが挙げられます。

 

インターネットが無くなればGoogleやYahoo!などの検索エンジンが使えないので、

私たちは様々な情報を知ることが難しくなりますし、SNSによるコミュニケーションも取れません。

 

Youtubeでお気に入りの動画を見ることも出来ませんし、ネットショップやアフィリエイトなどで生計を立てている方の生活も立ち行かなくなります。

また、多くのビジネスシーンで使われているメールも使えなくなり、ビジネスシーンに混乱を招くでしょう。

 

つまり、ITは今の世の中には欠かせないインフラなのです。これが、情報ネットワークが電気・ガス・水道に次ぐ「第4のインフラ」と呼ばれている所以です。

では何故、弊社が「ネットワークエンジニア」という職業をお勧めしているのか、その理由を3つお伝えします。

▶ 1つ目

「食いっぱぐれの無い安定した職業だから」です。

 

上述の通り、インフラ産業は社会に欠かせない為、常に需要があります。

また、IoTや5G、東京オリンピックの影響もあり、今後も人材募集が増えていくでしょう。

▶ 2つ目

「技術力がモノを言う仕事だから」です。

 

営業や販売などと違い、技術職は積み重ねてきた技術が明確に結果を出します。もちろん営業や販売もそうかもしれませんが、後から入ってきたセンスのある人間に抜かれていく事はザラにあります。しかしながら、技術職は、センス云々に関係なく確実にステップアップ出来ます。

更に資格制度も整っており、それが明確な目標となります。

 

例えば業界最大手のCisco Systemsが実施している試験の中にCCIE(Cisco Certified Internetwork Expert )がありますが、ひと昔前までは資格取得をすれば年収1千万円になれると言われていました。今はそこまででは無いですが、それでも効力が絶大であり、「ネットワークの神」と崇められる程です。業界内では保有しているだけで一目置かれる存在となります。実力がある程度「わかりやすい」仕事でもあるということです。

▶ 3つ目

「業界の入口のハードルが低い」ということです。

 

プログラマーは当然プログラムが組めなければならない為、仕事として成り立つ為には時間がかかりますし、それなりの技術を習得する必要があります。それに対してネットワークエンジニアは、システムの移行調整や運用監視など、最低限の知識とコミュニケーション能力があれば仕事が出来ます。

また、IT業界は各職種に密接な関連性があります。システムを作るには必ずネットワークが必要ですし、もちろんアプリケーションやサーバも必要になります。仕事をする過程でそのような知識もついてきますので、最終的にサーバエンジニアやプログラマーを目指している方でも、入口としてネットワークエンジニアから仕事をする方が大勢います。

ソーシャルゲーム業界では一時、ソーシャルゲームバブルと呼ばれるほどの成長期があり多くのネットワークエンジニアが必要とされました。

現在はブームも、需要も落ち着いてきています。

一方で景気の回復を受け、公共、通信、金融などの業務系システムの開発が増えています。それに伴いネットワークエンジニアの求人も増加傾向にあります。インターネット広告業界は引き続き堅調で、常に一定数の需要があるといえます。またEC系については、特化型、ニッチ型のECサイトに勢いがあり、こちらもネットワークエンジニアの需要は増えています。

 

IT業界の現状

ここ数年でIT業界の有効求人倍率は急激に回復し、求人数が求職者の数を上回る売り手市場となっています。情報処理技術者(ネットワークエンジニア、システムエンジニアなどのIT関連エンジニア職をさす)の有効求人倍率も上昇傾向にあり、業績が好調なECサイトやSNSなどBtoCサービスを提供する一部のWeb系企業では積極的に求人を行っています。優秀な技術者は引く手あまたの状態です。

未経験でも「やる気」があれば活躍できる

即戦力が武器となるネットワークエンジニア業界では、経験者が優遇される面ももちろんあります。しかし、未経験でも活躍できる可能性が高いのも事実です。企業が求めているのは、経験もさることながら「やる気」。流れが早い業界にあって、新しい知識や技術を積極的に学ぼうという意欲がある伸びしろのある若者が必要とされています。

まずはエントリー

IT業界が未経験、初めての挑戦でも大丈夫!

今すぐ!エントリーはコチラから

top