未経験者が大企業で活躍!!あらゆるものをネットでつなぐプロフェッショナルになる!!これがネットビジョンの超カリキュラムだ!研修満足度98% CCNA合格実績90%

H・HさんのCCNP SWITCH合格体験記

【受験日】

・2018年2月26日 

 

【取得点】

875点

(合格点:790点)

 

【問題数】

・40問 (150分)

 

【何回目の受験か】

・1回目

 

【学習期間】

 ・約1か月

 

【学習方法】

・特製サイト

・CCNPイージス

・Ping-t 

 

【試験の感想】

 

■選択問題について

☆全35問

サイトの選択問題99%の正解率で挑みましたが、本番では、たまたまなのか初見問題が非常に多かったです。

受験後、特製サイトで出題問題確認したところ、約13問出題されてました。(恐らく)

 

初見で知らない問題来たので、この時点で落ちたと思いました。

 

なので、選択問題を暗記していくのはもちろん必須かと思いますが、

勉強をサイトの暗記のみに頼って挑むのは、なかなかの冒険者か、天才かと思います。

 

■D&Dについて

☆全2問

・Port Cost・Switch Priority・Port Priority

・VRRP関連(恐らく)

 

前後半に出てきました。

Port Cost・Switch Priority・Port Priorityに関しては、まだ特製サイトにアップされていない状態で挑んだので、答えが合ってたのか不明。

どんな選択肢が出ていたのかも覚えていない。

この時点で落ちたと思いました。

 

■シナリオ問題について

☆全1問

VTPそのまま出ました。

showコマンドさえ使えれば問題なし。

最悪showコマンド忘れても、丸暗記の答え選べば問題なし。

 

前半に出てきました。

前回CCNA受けたときシナリオ飛ばしたので、シナリオ出てきた時点で焦りました。

 

■シュミレーション問題について

☆全2問

シミュレーションもそのまま出ました。

1.dot1x認証、VACL

2.STP,Trunk,EtherChannel

 

シミュ2に関しては、特製サイトにはそこまで載ってませんが、show run 打つと、全ポートに何かしらの設定入ってました。(過去もかもしれませんが)

若干焦りましたが、関係ないポートだしな。と思って他設定していきました。

 

どっちか忘れましたが、enabelpassあります。説明文に載ってます。

親切に、rangeのあとのI/Fのハイフンの後に、間にスペース入れようねってのも書いてありました。

念の為、ping疎通は確認したほうがいいかと思います。

 

【受験者へのアドバイス】

使用した教材に関しては、特製サイト、Ping-t、CCNPイージスです。

黒本見るなら手軽なCCNPイージスでもいいかと思います。

知識を補填するにはPing-tは調度いいと思いますが、Ping-tの綺麗な問題文に慣れすぎるのは危ないかと思います

相も変わらずシス語の威力が凄まじく、意味不明なところもありました。

 

図を参照して答えろ問題ではサイトにも載っていない問題が出題されました。2問。

どちらも問題文忘れてしまいましたが…

1.イーサチャネル関連で、構成は端末×4、スイッチ×6、L3スイッチ?みたいな構成でした。

2.イーサチャネル関連で、ルータ、スイッチ、その他なにかの構成。(上流より何々~

 

●StackWise、LLDP、MST、音声VLANに関して深く問われた気がします。

●herchannelのモードの組み合わせはどれが~系は出ず。

 UDLDについては出ず。

 DHCPスヌーピング、ipソースガード系出ず。

 プロミスキャス、コミュニティ、独立ポートに関しては出ず。

 HSRPデクリメント~系は出ず。

 

これから受験する方は、特製サイトを網羅し、その他で補填していけば余裕だと思います!

 

とりあえず2月合格目指し、本気で1000点狙いに行ったんですが、875でした!!!以上。

 

【次の目標】

CCNP ROUTE

top