未経験者が大企業で活躍!!あらゆるものをネットでつなぐプロフェッショナルになる!!これがネットビジョンの超カリキュラムだ!研修満足度98% CCNA合格実績90%

R・Sさんの体験記

【受験日】

・2018年2月28日

 

【点数】

866/1000点

 

【出題】

・SIM問題2問、シナリオ問題4問、Drag&Drop5問、選択問題、計53問

(流れ:シナリオ、SIM、シナリオ、SIM、シナリオ2問)

 

【学習方法】 

試験の1週間前からLearningBoxをひたすら解きました。

スマートフォンでも使用出来る為、移動時間も活用出来ます。

LearningBoxについてはほぼ100パーセント記憶しました。

SIM・シナリオ問題については、何故この解答になるのか、別バージョンの解答だとどうなるのかまで頭に入れました。

また、時間が足りなくなる事があるとお聞きしたので、受験前に問題別の時間配分を考え、SIM問題30分、シナリオ30分、選択問題30分と決めて挑みました。

 

【試験の所感】

SIM問題の1問目がOSPFv3のトラブルシューティング問題、2問目が対策していたACLの設定問題でした。

1問目は、ipv6のデフォルトゲートウェイ設定、ルータ間ospf有効化、ネイバー関係を成立させるという流れの問題です。

2問目は、シナリオ直前対策の問題そのままで、ホストが変わっただけでした。

 

1問目のSIMが初見で、ipv6に免疫がなかったので焦りました。

間違っているかと思いますが、デフォルトゲートウェイの設定をなんとか入力し、時間配分を考え次に進みました。

 

シナリオ問題については、RIPv2、EIGRP、ACL、GRE EIGRPの計4問でした。

問題はほぼ同じで、トポロジの形が違ったり、別解答のものがあったりするくらいでした。

 

Drag&Drop問題は、3問はLearningBoxの問題で、2問は全く新しい問題でした。

TCP/UDPのグループ分け、TraceRouteについてです。

 

選択問題はほぼ見たことある問題でした。

 

全部解答し終わった時点で20分ほど余っていました。

全体を通して手応えがあまりない感覚があり、不安でしたが無事合格しました。

 

【受験者へのアドバイス】

 

アドバイス出来るようなことはあまりないですが、講師皆さんの講義をよく聞いて、試験対策については素直にLearningBox、対策問題をひたすら覚えることです

影ながら応援しています。

top