未経験者が大企業で活躍!!あらゆるものをネットでつなぐプロフェッショナルになる!!これがネットビジョンの超カリキュラムだ!研修満足度98% CCNA合格実績90%

C・YさんのCCNA合格体験記

【受験日】

2018/8/30

 

【取得点】

901点/53問《シナリオ5問、sim2問、選択問題46問》

 

【参考にしたサイト】

・Ping-t

・learningBOX

 

【学習方法】

今回1ヶ月以内にCCNAを取得することができました。

学習方法は下記の通りです。

 

■8月1〜15日

前半期間は用語理解、サブネット計算を重点的に行いました。

中でもPing-tの「WEB問題集」や「サブネットを学ぼう!」をよく利用しました。

 

知識の習得以外で注意した点は、実機演習の取り組み方です。

 

Tera term操作やコマンドの打ち方、IPアドレス・デフォルトゲートウェイ設定方法など、

最初は右も左も分からない状況です。

 

一つひとつの操作で一旦止まってメモを取り、どの操作をしたらどのような画面が表示されるか詳しく整理したところ、

以降の実機演習ではスムーズに課題を終えることができました。

 

実機に慣れておくことは、試験対策はもちろんのこと、実際の現場に出た際に役に立つと思います。

 

■8月16日〜30日

当初はPing-t中心に学習していました。

 

しかし、Ping-tは問題数が非常に多いです。

ICND1・ICND2合わせて約1000問あります。

 

また、Ping-tは解説が丁寧なのですが、その反面やや冗長的な部分もあります。

そこで、以降は当社オリジナル問題集【Learning Box】を併用して学習を始めました。

 

結果としては、通勤中や昼休みなどの隙間時間はLearning Box、自宅ではPing-tを利用するという学習方法に落ち着きました。

ある程度内容への理解が深まった後はPing-tの学習時間を減らし、Learning Boxを重点的に取り組みました。

 

このように、自分に合った勉強方法を確立することが合格への近道だと思います。

 

【受験者へのアドバイス】

私はLearning Boxの問題の全ての単元が回答率100%になるまで学習しました。

ただ、基礎知識が定着するまでは、Learning Boxだけに固執せずに複数の学習サイトを利用する方が良いです。

 

試験で注意する点は、シナリオ問題・シミュレーション問題を飛ばさないようにすることです。

 

私は以前ITパスポート試験を受験したので、CBT方式(コンピュータを利用して実施する試験)に

慣れていますが、初めての人は戸惑うと思います。

 

回答していないのに誤って「次へ」のボタンを押さないようにしましょう。

 

また、問題はどのタイミングで出題されるかが完全にランダムなので、

あらかじめ時間配分について計画しておきましょう

 

【次の目標】

CCNP

 

top