未経験者が大企業で活躍!!あらゆるものをネットでつなぐプロフェッショナルになる!!これがネットビジョンの超カリキュラムだ!研修満足度98% CCNA合格実績90%

R・IさんのCCNP SWITCH合格体験記

【受験日】

・2019年9月30日

 

【点数】

845点(合格ライン790/1000点)

 

【問題数】

・全44問(120分)

 シミュレーション問題1問

 シナリオ問題2問

 D&D問題2問

 選択問題39問

 

【何回目の受験か】

・1回目

 

【教材】

・CCNPイージス(ネットワークエンジニアとして)

・LearningBox

・パケットトレーサー

 

【試験内容】

・選択問題(39問)

LearningBoxにある問題が7割で初見の問題が3割くらいでした。

初見の問題もLearningBoxをやりながら身についた知識で解答できます。

 

・シナリオ問題(2問)

2問ともLearningBoxにある問題(HSRP、VTP)

show standby

show run

show interface trunk

show vtp status

で解答できました。

 

・シミュレーション問題(1問)

こちらもLearningBoxからsim2の問題がほとんどそのままでました。

元々入っている設定が少し異なる箇所がありましたが、本筋は同じでした。

 

・D&D問題(2問)

STP遅延タイマーに関する問題

ポートプライオリティ、パスコスト、スイッチプライオリティに関する問題がでました。

 

【所感】

勉強方法としては、まず「CCNPイージス」を一通りざっと読み、それから「LearningBox」の問題を繰り返し解いていくという感じで進めていきました。

LearningBoxをやりながら都度わからない単語や疑問に思ったことを調べる、といったことを繰り返し繰り返しやっていくと徐々に理解が進んでいきます。

その他の問題についてもやはり反復して問題を解くのが特に大事だと感じました。

シミュレーション問題も最初はほとんど何も理解していない状態でコマンドを打って練習していましたが、

何度か繰り返すうちに、問題を見て「この設定を次にいれて…」など考えられるようになっていきました。

 

時間的に余裕があるので、一度解いた問題もすぐに次の問題にいかずに一旦見返すくらい落ち着いてやることも大事だと思いました(時間配分も大事ですが)。

 

事前に反復して問題を解いたり、コマンドに打ち慣れておくことで当日の落ち着きもだいぶ変わってくると思います。

 

【次回目標】

CCNP Route

top