未経験者が大企業で活躍!!あらゆるものをネットでつなぐプロフェッショナルになる!!これがネットビジョンの超カリキュラムだ!研修満足度98% CCNA合格実績90%

プログラマとエンジニアの違いを理解する

プログラマとエンジニアは似たような職業に感じますが、大きな違いがあります。

 

 プログラマとは

プログラマは、主に仕様書に基づいてプログラムを記述していくのが仕事になっています。

顧客から依頼されたシステムを依頼を受けた企業で設計を行っていき、

その設計に基づいて作成した仕様書に沿ってプログラムを書いていきます。

要求される知識やスキルのレベルは年々上がってきており、高度なシステムを構築する機会が増加しています。

 

 

 エンジニアとは

一方で、エンジニアは設計を行ったり、システムの運用において常にメンテナンスを実施したりというように、技術やスキルを使って様々な場面で活躍しています。

IT業界におけるエンジニアは、サーバ管理者やシステム管理者から電子回路の設計やシステムの設計者、ソフトウェア開発者など多岐にわたっています。

 

その為、それぞれキャリアプランが変わってくる事が多く、

エンジニアがどのような道を進みたいのかによって決めていく事が大切です。

 

 まとめ

プログラマとエンジニアは、双方とも重要な役割を担っております。

現代社会では、サーバやパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末、

産業用コンピューターのような組み込みタイプのコンピューターを使う事が多いですので、

コンピューターやシステムに合った知識・スキルを身につける事が大切です。

 

使われるプログラミング言語は、構築するシステムによって違います。

Webベースであれば、PHPやPythonなどが使われ、

高速な処理が求められる基幹システムの場合は、JavaやCといった言語が使われています。

 

関連記事:ネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違いって何?

 

     未経験からプログラマーに転職するときの心構え

     未経験からWEBプログラマーになるには

     web系のプログラマーとはどのような人なのでしょうか

     プログラマで挫折してしまった人でもやり直せる

     プログラマの未経験者向けの研修で学ぶこと

     プログラマの未経験者も歓迎と言う意味について

     中途未経験でプログラマへなるためには

     未経験者がWebプログラマになるために必要なこと

 

     未経験からITエンジニアへの転職について

     未経験からITエンジニアになるには研修が必要?

     未経験でも転職可能なWEBエンジニアとは

     未経験者にエンジニアとして求めること

今すぐ!エントリーはコチラから

top