ネットワークエンジニアとは

ネットワークエンジニアってどんな仕事?

ネットワークは、私達の日常に密接に関わっています。

IT業界だけではなく、現代では企業にLAN環境が無くては業務も成り立たなくなっており、社会インフラとして必要不可欠なものです。

こうしたネットワークを設計・構築するのがネットワークエンジニアの仕事です。

業務内容としては、クラウド構築や、セキュリティ・ハッキング対策、社内LAN環境の構築等を行います。


ネットワークエンジニアの魅力

専門性が非常に高く、まさに「手に職」といえる職種です。電気・ガス・水道に加え第4のインフラと呼ばれるネットワークに関わる仕事である為、社会的意義が高く、誇りを持ちながら仕事が出来ます。インフラ周りという事で需要も多く、息が長い事も魅力の一つです

具体的にはこんな仕事

● ハッキングへのセキュリティ対策立案・実行
● クラウドシステムの設計・構築
● マイナンバー制度への対策
● SNS・スマートフォン・ネットゲームのインフラ作り
● 官公庁や大手企業の社内LAN設計・構築


ネットワークエンジニアになるためには

ネットワークエンジニアは比較的求人が多く、未経験でも採用されることが多い職種です。そのためまずは教育制度が充実した適切な会社で学び、基本的なネットワークの技術を身につけることが必要です。

 

また、流れの早い業界にあって求められるのは、経験以上に新たな技術を学び身につけようとする柔軟性と熱意を持った人材です。

就職前に完璧な技術を身につけようとするより、早く現場に出て実務の中でスキルを磨くことが一流のネットワークエンジニアへの近道といえます。


ネットワークエンジニアの年収について

ネットワークエンジニアはさまざまな方面で必要とされる、活躍の幅が広い職種です。

IT業界だけでなく、今やLAN環境は企業に無くてはならないものである為、顧客の対象は全ての業界といっても過言ではないでしょう。また、情報技術の発展に伴い、ネットワークエンジニアの業界は人材不足に悩まされており、常にどこかで採用募集が行われています。技術の発展は今後も続いていく為、需要が途切れることはないでしょう。

業界の変化についていけるよう、向上心を持って常に新しい技術や知識を得ることが、ネットワークエンジニアとして長く活躍する鍵となります。


◀出典:日本におけるCCNA,CCNP,CCIE

 認定保有者の需要と給与リサーチ2013

 

左記は業界最大手ベンダーであるCisco Systemsが2013年に行った調査の結果ですが、経験がより求められますがCCNA取得者の年収は404-578万円となっており、CCNAの取得がかなり有用である事が伺えます。


エンジニアの平均給与統計資料

厚生労働省が出している平成24年度の統計によると、エンジニアの平均給与は以下の通りとなっています。

システムエンジニア

平均年齢:36.4歳

勤続年数:10.7年

労働時間:157時間/月

超過労働:21時間/月

給与月額:370,100円

年間賞与:935,000円

平均年収:5,376,200円

プログラマー

平均年齢:31.9歳

勤続年数:6.5年

労働時間:161時間/月

超過労働:20時間/月

給与月額:310,900円

年間賞与:461,800円

平均年収:4,192,600円


▲ 出典:厚生労働省「平成24年度 賃金構造基本統計調査」 

 

上記のデータを見ても、ネットワークエンジニアはシステムエンジニア・プログラマーとの給与に遜色無い仕事だといえます。

まずはエントリー

IT業界が未経験、初めての挑戦でも大丈夫!

今すぐ!エントリーはコチラから

top